Kimiko Tashiro

ニュース ペット 健康

レボリューション等でフィラリア摘出手術の必要性を回避

今回お話ししたいのは、フィラリア摘出手術と、そのような外科手術を行う必要性を除外することについてです。まずは、フィラリアについてですが、これはあくまでも総称であって、実際に、例えば犬に寄生するのは犬糸状虫というものです。(わかりやすさの観点からか)一般的にはこれを指してフィラリア、そして、それを予防するお薬がフィラリア予防薬と呼ばれています。 レボリューション 犬糸状虫は犬の(そして猫も同様)の飼い主であれば、必ず気をつけなければならないものです。犬の体内と蚊の体内を移動しながら成長を続ける生態を持ち、最終的には犬の心臓へと進んでしまいます。そして、後期になると摘出手術を行う必要性が生じます。これは犬にとっての大きな負担です。摘出をしてもその影響を完全に取り除けるとも限りません。 ですので、まずは犬糸状虫への対策を講じましょう。フィラリア予防薬として有名なものに、例えば、ファイザーの開発したレボリューションがあります。レボリューションの有効成分はセラメクチンで、これが犬糸状虫の幼虫(ミクロフィラリア)に働きかけます。Read More